シャンプーの種類と正しい選び方とは?自分にあったケアで美髪を目指そう

シャンプーの種類と正しい選び方とは?自分にあったケアで美髪を目指そう

「シャンプーって種類が多すぎてよくわからないなぁ」
「一体どれを選べばいいんだろう…」

自分にぴったりのシャンプーをお探しの方は、こんな風にお悩みかもしれません。

たしかに、薬局やスーパーへ行くとさまざまなシャンプーが売られていますが、違いがイマイチわからなくて、値段やデザインでなんとなく選んでしまいがちですよね。

ですが、種類を確認せずにシャンプーを買うのはとっても危険!

髪や頭皮に合わないシャンプーを選んでしまうと、髪の痛みや抜け毛、頭皮のかゆみなどのトラブルを招いてしまう可能性が高いです。

種類ごとの特長や効果をきちんと理解して、頭皮の状態や髪質に合うシャンプーを選べば、髪のお悩みとは無縁のサラサラ・ツヤツヤヘアが手に入りますよ。

今回は、種類ごとのシャンプーの特長と選び方をご紹介。
シャンプー選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系は、「ラウリル」「ラウレス」「硫酸」など石油由来の洗浄成分を使っているもっとも代表的なシャンプー。

“石油系シャンプー”と呼ばれることもあり、ドラッグストアやスーパーで売られている商品のほとんどが高級アルコール系シャンプーです。

高い洗浄力と泡立ちのよさ、価格の安さが魅力のため、皮脂が多い方やコスパ重視の方にオススメ。

反対に、肌や髪が弱い方には刺激が強すぎる場合があるので避けた方が安心ですよ。

石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプー

「石けん素地」「脂肪酸ナトリウム」など、天然由来の成分で作られている石鹸系シャンプー。

安全性が高く皮脂をしっかり落としてくれるのが特長で、化学成分にアレルギーがある方や自然派のシャンプーをお探しの方にぴったりです。

ただ、石鹸シャンプーはカスが残りやすく、すすぎ残しがあるとフケなどの原因になるため、念入りに水で流してくださいね。

また、髪や地肌が弱酸性なのに対して、石鹸系シャンプーはアルカリ性。

石鹸系シャンプーで洗ったあとは、同じシリーズのリンスを使って髪や地肌を弱酸性にもどしてあげるのも大切です。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、アミノ酸系の「ココイル」「ラウロイル」といった洗浄成分を使っているシャンプー。

肌と同じ弱酸性で、刺激が少なく皮脂を落とし過ぎないため、地肌や髪にもっともやさしいです。

敏感肌の方や抜け毛が気になる方には、アミノ酸系シャンプーが向いています。

ただ、整髪料が落ちにくかったり価格が高めだったりというデメリットもあるので、ライフスタイルやお財布と相談しながら商品を選んでくださいね。

全身シャンプー

全身シャンプー

全身シャンプーとは、1本で髪や身体、顔まで洗えるオールインワンアイテムです。

場所をとらないのでバスルームをすっきり保てますし、旅先や仕事先にも持ち運びやすいと注目されています。

赤ちゃんでも安心して使える低刺激の商品や、女性にうれしい保湿効果の高い商品、男性向けの洗浄力重視の商品など、ラインナップが豊富なのも魅力

ただ、VIOなどデリケートな部分には刺激が強かったり、ニオイや汚れをうまく落とせなかったりする場合もあるので、専用の石鹸と併用するのが◎

気になる方は、デリケートゾーン石鹸おすすめ比較ランキングを参考にしてくださいね。

自分にぴったりのシャンプーをお探しの皆様へ…

自分にぴったりのシャンプーをお探しの皆様へ…

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

ひとくちにシャンプーと言っても、成分や用途によって種類が分かれているんですね。

髪質は年齢や季節によっても変わるので、シャンプーの特長を理解して使い分けるのが美髪への近道ですよ。

このサイトでは、ほかにも知っておくと役立つシャンプーの豆知識をまとめています。

ぜひ色々な記事をご覧になって、あなたにぴったりのシャンプーをみつけてくださいね。