シリコン・ノンシリコンシャンプーの違いは?メリット・デメリットを紹介

シリコン・ノンシリコンシャンプーの違いは?メリット・デメリットを紹介

「シリコンシャンプーは髪によくないって聞くけど本当?」
「シリコンとノンシリコン、どっちがいいんだろう…」

シリコン・ノンシリコンシャンプーに興味のある方は、こんな疑問をお持ちかもしれません。

たしかに、「シリコンは髪や地肌に悪い」「毛穴に詰まる」と聞きますが、具体的な理由がわからないままなんとなく不安だなぁ…と思っている方が多いのではないでしょうか?

実は、頭皮に直接つけなければシリコンが地肌や髪に悪影響を及ぼすことはありません

シリコンには髪のキューティクルを保護して指通りをなめらかにする役割があり、大手シャンプーメーカーも安全性を実証しているんですよ。

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーは、それぞれにメリット・デメリットがあるため、髪の状態やニーズによって使い分けるのがベスト

今回は、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットをご紹介します。

それぞれに向いている人もあわせてお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね。

シリコンシャンプーのメリット・デメリットは?

シリコンシャンプーのメリット・デメリットは?

シリコンシャンプーのメリット

  •  髪の毛がしっとりまとまりやすい
  •  髪のキューティクルを守りダメージを防ぐ
  •  価格が安く手に入りやすい
  •  ドライヤー・ヘアアイロンの熱に強い

シリコンシャンプーのデメリット

  •  コーティング力が強く肌には△
  •  環境への負担が大きい

シリコンシャンプーのメリットは、シリコンが髪をコーティングして摩擦やダメージから守ってくれるので、しっとりとまとまった髪に仕上がること。

髪の広がりをおさえてツヤを出す効果もあるため、髪の毛が太く量の多い方に向いています。

また、ノンシリコンシャンプーより値段が安く手に入りやすいのもうれしいポイント。

成分表示に、「ジメチコン」「メチコン」「シクロメチコン」「シロキ」「シリカ」などが書いてあれば、シリコン配合のシャンプーです。

ただ、コーティング力が強いぶん、頭皮や肌に直接つけてしまうとダメージを与えてしまう可能性が…

敏感肌の方や頭皮の油分が多く髪がペタッとなりやすい方には、避けた方が安心ですね。

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットは?

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットは?

ノンシリコンシャンプーのメリット

  •  サラサラとした仕上がりで髪のボリュームアップ
  •  カラーリングやパーマの持ちがよくなる
  •  頭皮のトラブルが起こりにくい
  •  環境にやさしい

ノンシリコンシャンプーのデメリット

  •  髪がきしみやすく手触りはイマイチ
  •  痛みの激しい髪の毛はダメージの進行も
  •  ドライヤー・ヘアアイロンなどの熱に弱い

ノンシリコンシャンプーは、保湿効果の高いシリコンが配合されていないぶん、洗いあがりがサッパリしていてサラサラとした髪に仕上がります

シリコンシャンプーを使っていて、頭皮や髪のべたつきが気になるという方は、一度ノンシリコンシャンプーに切り替えてみるのがオススメ。

また、髪をふんわりとさせる効果もあるので、髪が細くボリュームが気になる方にも向いています。

デメリットは、髪がきしみやすくなってしまうこと。

髪をコーティングしてくれるシリコンが入っていないので、シャンプーをしたあとはトリートメントでしっかりケアしてあげてくださいね。

自分にぴったりのシャンプーをお探しの皆様へ…

自分にぴったりのシャンプーをお探しの皆様へ…

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

シリコンシャンプー、ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットをご紹介しました。

髪質や求めている質感にあわせて、ぴったりのシャンプーを選んでみてくださいね。

当サイトでは、シャンプーの種類や選び方、洗い方などの豆知識をまとめています。

ぜひほかの記事もご覧になって、ご自身のシャンプー選びに役立ててください!

自分にあったシャンプーで美髪を目指そう♪>>